講師

ジャズ・ボサノバシンガー
EMiKO VOiCE

5歳〜11歳までNHK児童合唱団に所属し

NHKテレビ、ラジオ音楽番組に多数出演。

 

早稲田大学教育学部英語英文学科卒業後、

米国バークリー音楽大学に奨学生として留学。

ボブ・ストロフからジャズのスキャット、
ルシアナ・ソウザからブラジル音楽を学ぶ。
ボストン、ニューヨークでジャズ歌手として活躍し、

2003年帰国。

 

第2回さいたま新都心ジャズボーカルコンテスト グランプリ (2007)

吉祥寺音楽祭吉音コンテスト グランプリ(2008)

第5回神戸ジャズボーカルクィーンコンテスト準グランプリ(2004)

受賞。

 

ジャズ歌手としては、

2005年よりスガダイロー(p)と結成した”Phase DUO”で注目を浴び

2012年には日本最大のジャズフェスティバルの一つ、”UENO JAZZ INN”に出演、満場のスタンディングオベーションを浴びた。

 
一方、2003年から継続する助川太郎(g)とのブラジル音楽ユニット「メヲコラソン」では、オリジナル日本語ボサノバから、本格的な古典サンバ まで幅広く歌いこなす。7年連続ソールドアウトの、夏の「なま音ホールコンサート」は人気企画となり邦人最高峰のブラジル音楽ユニット(by ディスクユニオン)と称されている。

 

ボーカル講師としては2005年から現在まで、宮地楽器、NHK文化センター(さいたま) でも開講中。
全国で開催する
スキャットワークショップYOU TUBE 「スキャット番長」シリーズが人気。

 

レッスンと両立しながらCD制作、全国でのライブツアーなど精力的に活動中。

 

更なるプロフィール詳細は

EMiKO VOiCEHP